シロアリキラー工法

シロアリキラーの特徴

お子様・お年寄り、またアレルギーの方でも安全!
異臭は全くありません!
住宅に傷をつけずに、シロアリ予防&駆除が可能!
シロアリキラーは、巣からシロアリを根絶する工法ですので、敷地内のシロアリ全て駆除ができます。

1日も早く効率的に巣を根絶やしに出来る

昆虫の成長を抑制する防蟻剤を家の周りに埋め込むだけで防除を開始できて、巣の根絶に効果があります。シロアリキラーは、巣からシロアリを根絶する工法ですので、敷地内のシロアリを全て駆除ができ、住宅に傷をつけずに、シロアリ予防&駆除が可能です。

環境に優しい

不安に感じる薬剤散布と違い、シロアリによって必要な箇所(巣)へ、必要な量の防蟻剤が運ばれるので、少量で巣全体を根絶できて、環境にも優しい方法です。また、お子様・お年寄り、またアレルギーの方でも安全!しかも植物への影響もなく匂いもありません。

優れた安全性

使用する薬剤は脱皮をする生物にだけ効果を発揮します。ですから、哺乳類・魚類等に対する毒性は低く、管理方法の特性とも併せて、作業者・居住者はもちろん、ペットや環境にも極めて安全性に優れたものです。

シロアリキラー設置の流れ

1. ステーション設置

薬剤入りの餌の容器である独自のツール(以下ステーション)を家の周辺にセットします。専門の施工技術者が、床下や庭木など、シロアリによる食害状況や活動範囲をあらかじめきちんと調査して、シロアリキラーを設置します。

2. モニタリング

シロアリの活動状況を調べます。容器内に設置してあるモニタリング・デバイス(餌木)を定期的に点検、シロアリの存在や食害の有無・状況などを確認します。

3. 喫喰確認後の流れ

ステーション内の餌木にシロアリが喫喰を始めるとそれは駆除の本格的なスタートです。脱皮阻害成分が働きアリによってどんどん運ばれ、巣全体に伝播していきます。

4. 駆除完了、その後の流れ

餌木の喫喰が完全にストップしたら、その巣の駆除は完了です。餌木の残量を確認し、必要に応じて新しい物を投与します。定期的に新しい餌木に交換する事で、建物をシロアリから守り続けます。

熊本のエコライフ21は全ての工法において農薬は一切使用致しません。